*.vanillatreats.*

vanillat.exblog.jp

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キラキラ銀閣寺 The Shining Ginkaku-ji


翌日の京都は銀閣寺へemoticon-0171-star.gif
晴れていてとっても綺麗なお天気emoticon-0115-inlove.gif
500円の一日バス券で移動しましたemoticon-0155-flower.gif

銀閣寺へ行く道も結構好きです♪
バスを降りて、哲学の道を歩いてゆきます。
午後にすぐに御所見学へ行く予定なのでのんびりできないのですが、
早めに出たのでまだのんびりモード

* * * * *

銀閣寺のエリアに着くと
総門から中門まで、緑あふれる道を通ります。
c0055305_2061329.jpg

銀閣寺の輝く!!


c0055305_2051186.jpg


c0055305_1683553.jpg
銀閣寺の入場券の代わりのお札!
お札が入場券なんてですよね


門を入ってからずっと、とっても丁寧に手入れされていることを
感じます
ところどころで丁寧に丁寧にお庭の手入れをされている方々がいらっしゃいます。
こうやって、この美しさが引き継がれているんですね..
c0055305_16174352.jpg



c0055305_16235386.jpg
もちろん、紅葉はまだまだ...
でも、緑もとっても美しいです。
けど、ほんのちょこ....っとだけ、秋の足音を感じるように黄色や赤などにほんのり
色づいている所もありました♫


* * * * *
c0055305_20502266.jpg

こちらが有名な銀閣寺の象徴『銀閣』。銀閣寺は実は通称で江戸時代に付けられた名。本名は東山慈照寺。
そしてこの建物はもともと、観音殿と呼ばれています。
一層(1階)が心空殿、花頭窓のある二層(2階)が潮音閣という名前。(義政公らしい名前。)

前の池に光が反射して観音殿に映っています。
実際には、足利義政公は、こちらの建物の完成を待たずに薨去。

* * * * *
c0055305_20501289.jpg

背景の竹や木々がまた美しいです
今回の目的は、写真左の『東求堂』の特別拝観!!


c0055305_21193643.jpg

中で係の方が準備中★
いつも閉じている扉が開いているだけでドキドキemoticon-0152-heart.gif


c0055305_21184849.jpg

特別拝観は10時からだったので、それまで一番のりで待っていましたemoticon-0155-flower.gif
本堂の戸もおしゃれ! を呼ぶのでしょうか......(って、「粋」って江戸時代の言葉でしょうけど..おしゃれという意味で!)
おことわりして、遠くから写真を撮らせて頂きました♬
東求堂拝観の際に、まずは本堂に座って待つので襖の近くで絵を見ることができます。
(係の方は、ごく普通に襖を開けたり準備をされていました!)
そして本堂に描かれているこの与謝蕪村と池大雅の絵の説明もして頂きました。

c0055305_21201844.jpg

建物の横(写真で左の方)にへっこんだところがあると思いますが
そこは、東求堂へ招かれた方々が待つベンチのような場所。
こちらにも座らせて頂きました♫ 嬉しかった!
やっぱり、東求堂にも水に反射した光が映って輝いています。

いよいよ東求堂の特別拝観。
もちろん、写真は撮ることができないので感動をお伝えできないのが残念..
東求堂の中の同仁斎の、四畳半の小さな部屋が、書斎であり、お茶室にもなり..
少し障子を開け、見える景色を掛け軸に見立てることもできます。
紅葉の時期やの時はやはり最高emoticon-0171-star.gif!! とのこと。

その前で、座って書き物をしたりしたそうです。(当時は正座という風習はまだなく、
あぐらで座っていたそうです。 そのため、台は少し低め。)
当日は、超高級品の硯(すずり)や印など、きちんと決められた形に置いてありました。

こうして国宝の中に座ることができる幸せ..
でも、時間が短く感じられてもうちょっと座っていたかったです。

義政公は、幼少の8歳で家督を継ぎ、元服の年(12、3歳?)に将軍になったそうです。
これだけ文化的なセンスを持った義政公が、権力を求める周囲に翻弄されながら将軍で
いなくてはならなかったのは、、考えただけでも苦しそうですね..
あの、応仁の乱も義政公の跡継ぎ争い。
もしも、もともと庭師や芸術家のおうちに生まれていたらそんな矛盾はなく幸せだったかな?
..でも、将軍だったからこその財力で作り上げたこの慈照寺。。
税や労働、そして戦で都も疲弊し、ひとびとが苦しんだ時代のものを
喜んで見てよいのか,,ちょっと複雑なキモチ..

それだけ、義政公は全てからはなれた静謐な場所を当時必要と
していたのかもしれないですよね。

でもとにかく、この海外の方からも称賛される、宇宙を感じさせるほどの場を
500年前に作ったのは事実ですよね、、
同仁斎に入ってみて、どれだけ、後世の日本人が影響を絶大に受けているかがわかりました。
お茶室だけではなく、ごく一般的に思い浮かべる和室もこの形が元になっていると言えると思います。
それだけ、義政公が気を入れて作った空間、皆が真似したくなる魅力があったのですね。

係の方のおっしゃる通り、
雪の日なんて、どれだけ美しいんだろうemoticon-0171-star.gif...って思いました。
紅葉にかんしては、実は12月初旬がおすすめとのこと!!
人が少なくなって、でも紅葉はじゅうぶんなので、じっくり味わえるそうです。

* * * * *
c0055305_20304524.jpg

こちらがまた有名な向月台。なんだか斬新!
でもこちらは後世造られたもののよう。

c0055305_2064830.jpg

そしてまたまた有名な銀沙灘

川の砂(白川砂)をつかっているとのことで花崗岩が含まれ、
よく見ると銀色に輝くつぶつぶが見えるのです★.:*

* * * * *

c0055305_20365245.jpg

銀沙灘の向こうに銀閣。

銀閣寺がなぜ銀閣と呼ばれるのか、色々と研究されているようですが、
2007年から行われた修復の際に、白土の塗られていた跡や、明礬(ミョウバン)の跡、
唐草紋様や亀甲紋の跡も発見されたそうです。
(NHKのワンダーXワンダーより。)
そのため、白土や明礬が塗られていたとすると、やはり実際に白銀に輝く建物だった
可能性もでてきたそう。(創建当初からかは謎なのですけれど。)

東を向く銀閣が対面している『月待山』。(義政公が命名!)
中秋の名月の夜、毎年銀閣では月見の茶会が開かれるそう。
やっぱりNHKのワンダーXワンダーで大森正夫教授が、銀閣が造られた年の
十三夜の月は、その月待山の真ん中(と言っていいのかな? 銀閣の向いている方向)から
月が出たと研究結果を発表されていました。
銀閣は、月を見る御殿、月を見るための装置を巧みに取り込んだ建築物とのこと。

前の池の、丸い石の上を、映る月が通るようにもなっているそうです。

私も月は大好き..(月も、というか) 静かな中、月そのものや映る月、窓(?)越しの月など
美しかっただろうな...、と思いました。

* * * * *

c0055305_1747233.jpg
帰りにおみやげやさんへemoticon-0152-heart.gif
香り好きなので、そしてかわいかったので
ついついお香を買ってしまいました..
名前も「朧月」や「向月」など素敵な名がついています。

c0055305_17482740.jpg
箱の形もなんとなくお月様イメージ。

c0055305_17483341.jpg


銀閣寺のあとは御所の見学へemoticon-0155-flower.gifてくてく~


* * * * *
[PR]

by vanillatreats | 2010-10-22 21:21 | 小さな旅。

奈良旅おまけ


奈良の旅のおまけでせんとくん。そして近鉄奈良線の特急。
c0055305_15465044.jpg

おおきいとまたちょっとインパクトがありました..
ちょっとぬめっとした感じ? 白目が特徴的です。

京都についたらすっかりemoticon-0171-star.gif

c0055305_15551982.jpg


c0055305_15554132.jpg
そして翌日朝の京都タワーemoticon-0157-sun.gif
すっかり晴れました!!
京都は銀閣寺へemoticon-0155-flower.gif


[PR]

by vanillatreats | 2010-10-22 20:01 | 小さな旅。

古都奈良 東大寺の輝く二月堂☆



かなりへとへとになっていましたがemoticon-0141-whew.gifemoticon-0141-whew.gif(笑)
二月堂だけは前々から見てみたい..!! と思い続けていた場所だったので
行ってみましたemoticon-0155-flower.gif

c0055305_23352888.jpg

二月堂
すっかり晴れてくれましたemoticon-0157-sun.gifほんと嬉しかった



鹿さんの数は少なくなってきたものの
途中、油断していたところおしりに「ぽにょ◎」と何かあたったと思って振り向くと
くりくりの目の鹿さんがemoticon-0104-surprised.gif!!
でも鹿せんべいも持っていなかったのであげなかった..
(あげてよいのかもわからなくて..なんとなく。。)
今でもあのくりくりお目目とスカートにちょっとついてしまった鹿のお鼻のスタンプ◎を
思い出しては「やっぱりヘンにこだわらず鹿センベイあげればよかった..」と後悔しつつ過ごしております(笑)emoticon-0134-bear.gif

御堂のすぐ横のお茶屋さんでかき氷で一服
お坊さんがおひとり先客でいらっしゃいました。その感じがちょっと良かったです..


c0055305_2351211.jpg

二月堂の光。扉も立派


c0055305_23513742.jpg

二月堂からの景色


c0055305_23223081.jpg

本当に昔の景色みたい..!!(ほんとうには見たことはないけど..!!)
奈良ってこういうところも良いんですね...


ビルなどがちょうど見えなくて、こういう景色になるんですね

c0055305_2331185.jpg

二月堂の夕日emoticon-0171-star.gif
遅い時間になってしまったけど、とっても美しい時間..
とっても美しい景色に感謝



残念だったのは、下調べをしていなくて
三月堂を見なかったこと..! 三月堂と二月堂を見たかったのですが、
疲れていたのと時間もなかったのとで二月堂だけにしてしまったのです..
後から三月堂に日光・月光菩薩さんがいらっしゃるのを知りました..!
来年の10月ごろからは、東大寺ミュージアムに移ってしまうので
御堂では見ることができなくなってしまうのです.. く~。ざんねんだよ~emoticon-0106-crying.gif
時間がなくてあまり調べずに行ってしまったのですが、楽しむためにはやっぱり先に
ある程度勉強していった方が楽しめるんですねemoticon-0115-inlove.gif



[PR]

by vanillatreats | 2010-10-15 23:22 | 小さな旅。

東大寺



時間があったら興福寺と春日大社にもゆきたかったのですが
すでに4時ごろだったので東大寺だけにゆきました。

いやはや、ひとがいっぱいです..!! すご~い。そして鹿さんも...
やっぱり今年は遷都1300年の年だから? 奈良は今マスコミにもとっても注目されていますよね。
(平城京跡にはゆきませんでしたが..ちょうどテレビで法隆寺も東大寺も特集を見ました。)
それともいつものこと??


ついさっきまで静かな斑鳩にいたので
空気感が全くと言っていいほど違います。

c0055305_17331617.jpg

東大寺。やっぱり迫力がありました。大きい! ひとがちっちゃく見えます。

c0055305_17273078.jpg
c0055305_17275627.jpg


そうそう..、この景色が見たくて久しぶりに来てみたかったんですよね...!
なんとなく記憶に残っていて.. 廻廊とその前のひろびろとしたこの景色emoticon-0171-star.gif
(ここは歩けないけれど..)

この遠くの山がなんとなく飛鳥の時代を思わせるような..
と勝手に思います。



c0055305_17215978.jpg




東大寺大仏さまの前でお経をあげられる和尚さん。お声は出していらっしゃらないご様子。
(それとも聞こえないだけかな..)


この大きな御堂と大仏さまを見たときに頭には「Pop」と言う言葉が浮かびました..
この大きさ! この一瞬にして与えるインパクト! この人気!

c0055305_1740992.jpg
大仏さまの後光を横から。







c0055305_17383172.jpg

大仏様の下の大きな大きな蓮の台座..のレプリカ。


c0055305_17343869.jpg
順番が逆になってしまいましたが..こちらも超人気者、東大寺南大門の金剛力士像。すっごく楽しみにしていたのですが、目の前の網で
あんまり良く見えなかった..
でもやっぱりすごいカッコ良さですね


c0055305_1763492.jpg
金堂内の廣目天。名前が良いですよねemoticon-0171-star.gif

c0055305_1765619.jpg

こちらは多聞天。


[PR]

by vanillatreats | 2010-10-11 06:51 | 小さな旅。

奈良斑鳩 法隆寺+中宮寺から東大寺へ

てくてくと南大門の方へ向かいます。

c0055305_13512646.jpg

あらためて中門の正面。
だんだんと途中から晴れてきてよかったemoticon-0157-sun.gifemoticon-0115-inlove.gif
暑いくらいで汗をかきかき歩きました。

c0055305_13471150.jpg
途中で見た立派な木..!!
何か説明があるかな?
とそばに寄りましたが特にありませんでした。。


c0055305_13315555.jpg

東院伽藍の夢殿から四脚門→東大門→(五重塔+金堂のある西院伽藍の前→)西大門と繋がっています。写真の奥に見えるのが西大門。
昔の景色に似ているのでしょうか??
でももっと飛鳥時代は素朴な感じだったかな??

c0055305_13555384.jpg
帰りに少しお土産ものやさんへ。
せんとくんを買いましたemoticon-0136-giggle.gif




筒井駅に向かうためバスに乗ろうとしたところ、
ちょうど来たバスに乗ったら「法隆寺駅」行き..!! そうするとJR奈良駅に着いてしまうのです!
すると東大寺へ向かうのがタイヘン.. しかもせっかくの近鉄一日チケットが..

ということで、ヘトヘトになりつつ東大寺へemoticon-0155-flower.gif




[PR]

by vanillatreats | 2010-10-09 14:07 | 小さな旅。

奈良斑鳩 中宮寺


夢殿のあとはすぐ近くの中宮寺へ
中宮寺の本尊、菩薩半伽像(如意輪観世音菩薩)が超有名emoticon-0171-star.gif
一度、目の前で拝見してみたかったのですemoticon-0171-star.gif
この指の形が美しい.:*゚o。.:*

http://www.chuguji.jp/
中宮寺サイト
有名な有名なアルカイックスマイル

c0055305_2010543.jpg

この奥の建物が本堂。

本堂の目の前にゆくと、すでに菩薩半伽像が見えてしまうので、
写真は控えました..emoticon-0100-smile.gif

建物が思っていたよりも新しくてびっくり..
道もキレイに整っている..
むか~し、母が高校生の時にいったときには、良い感じに侘び寂びな感じで
余計なものがなくて、とーってもその雰囲気が良くてしかも
菩薩半伽像(如意輪観世音菩薩)も素晴らしかったemoticon-0115-inlove.gif
。。と聞いていたので、ちょっぴりざんねんな気持ちも。(ぜいたく?)
本堂の前の池に、置物かと思っていたら本物のカメがいっぱいいました。
飛鳥時代の刺繍のレプリカがあるのですが(ある意味ゴージャス!)そこにも
亀のデザインがありました。

c0055305_20264827.jpg

東大門(こちらも国宝)を通って、朝来た南大門へ帰りますemoticon-0155-flower.gif


* * * * * *
すっ...かり書き忘れていたのが、11月まで特別公開中の「法隆寺秘宝展」!
こちらは500円でした

ここで私が一番気に入ったのは、『星曼荼羅』!!
めちゃキラキラしてる~emoticon-0171-star.gif わぁ~emoticon-0152-heart.gif
銀色の絵の具(?)でさりげなくキラキラした星が輝くような感じが..
しかも、西洋占星術のような、蟹座や水瓶座など、普段みんながしっているまま、
絵が12個、ぐるっとまるく書いてありました。物語みたい。北斗七星も。

あともうひとつ気になった曼荼羅があったけど、忘れちゃった..

知識のある人にはたくさんの菩薩像や如来像もあるのでその方が気になると思います。


* * * * * *


[PR]

by vanillatreats | 2010-10-09 10:23 | 小さな旅。

奈良斑鳩法隆寺 続きの続きの続きの続きの続きの続き♫


大宝蔵殿から東大門を通り、法隆寺のメインロード(?)へ
(その前に、大宝蔵殿のところにあったらしいお茶所へ行けばよかった。。emoticon-0162-coffee.gif
そしたらもっと元気に集中して見れたかも~emoticon-0141-whew.gif

c0055305_1195839.jpg

振り返るとまた良い感じの景色。


c0055305_1624021.jpg
前を通った宋源寺の門。



c0055305_16213045.jpg
夢殿に行く道! もう時間もお昼過ぎ.. ひともたくさんで賑わっています


c0055305_17324120.jpg

目の前に夢殿!!
んが、しかし、だいぶん疲れてきております。。。
でもでも、やっぱりこの八角形の形の建物、印象的。

この周りを東院伽藍と言います。

もともとは聖徳太子の居住の場所といわれているところ。
もしかしておんなじところ歩いたかなぁ? と感慨にふけりつつ八角円堂の周りをぐるぐる歩きました。
聖徳太子(厩戸皇子)さんはこちらから通勤されてたわけですemoticon-0165-muscle.gif
飛鳥まで20キロ! 電車ではもちろんなく、馬で出勤です。

この中心に、フェノロサと岡倉天心が白布を取ったという逸話で有名な
夢殿の本尊、聖徳太子がモデルという秘仏救世観音像が。

c0055305_1718032.jpg

↑舎利殿・絵殿(鎌倉時代)

な・なんと疲れて気づかなかったのが「伝法堂」..!!
天平時代の居住のための建物が残っているのは法隆寺だけみたい?
入れたのかな~・・入りたかったな~・・天平時代の居住の建物かぁ♥
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/100208/trd1002082004005-p3.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100208/trd1002082004005-n1.htm

次は中宮寺へemoticon-0171-star.gif
c0055305_17343011.jpg

その途中で撮った鐘楼(鎌倉時代)。


[PR]

by vanillatreats | 2010-10-08 20:09 | 小さな旅。

奈良 斑鳩 法隆寺 続きの続きの続きの続きの続き♫


とうとう10月になってしまいました!

今年の日本の夏はとっても暑くて、しかも長かったので
秋を超えて冬になってしまうのではと心配したけれど、
昨日今日と、とっても空気が澄んでいてキンモクセイの香りがほんのり満ちていて
とっても気持ちがよいです。

* * * * *
いよいよ大宝蔵院へemoticon-0155-flower.gif
これまでは建築物のお宝満載でしたが
今度はお宝の像や品々が満載ですemoticon-0171-star.gif

夢違観音や百済観音(虚空菩薩像)、玉虫厨子など、
目の前にした時は超有名人に会った感じ!!

http://www.horyuji.or.jp/daihozoin.htm
法隆寺さんのサイト

でも写真はもちろん撮れないので写真が全くありません。。。
c0055305_16193458.jpg

こちらはチケット。西院伽藍+東院伽藍+大宝蔵院で¥1000円!
これだけ見ることができて、安いです。。
(ちなみに、銀閣寺は今回は特別拝観もあったので¥2000)
チケットの下にはこの後見た秘宝展の小さなパンフレット。
大宝蔵院もあれば良かったのですけど.. 探せばあったのかな?!

c0055305_11494146.jpg
こちらは法隆寺パンフレットより




フランスへ渡ったこともある有名な有名な百済観音さんは、大きさがまず印象的!
背が高~い! ほっそり曲線的!
通称が「百済観音」だけあって、外国風です。


「百済」はあくまでも通称で、法隆寺では「虚空菩薩」とずっと呼ばれていたそう。
(「虚空」とは宇宙とか永遠、無限、のような意味を含むようです。)
楠(くすのき)から造られていることから日本製なのでは、と言われているそうです。
でもいつ法隆寺へ来たのか、どこで作られたのか..やはり分からない謎めいた観音様。

一本の木から造られるのは古い方法のようですが、百済観音も一本の木から造られているよう..
すごいですよね。

ちょっとかなりうる覚え......emoticon-0106-crying.gif
というのは、これは、ボランティアで解説をされている方のお話。
たまたまお話されているのを、横から聞き耳を立てて「ふんふん、ほうほうほう!!」と
聞いていました。すっごくわかりやすい..!!

逆にあの方に偶然会っていなければ良さを知るのが難しかったかも..半減しちゃってたかも..
やっぱり知識を得ながらだとより感動できました。
そばでうろちょろしていたので、怪しさ満載だったと思います。お礼もお伝えできず..
あの時はありがとうございました、、すばらしいボランティア解説のおじさま。

後ろの支えの棒(?!)はの形ですが木から造られています。
竹の下の方にタケノコの三角のような模様(の下のほうによくあるような)が
あるのですが、も表わしていて、観音さまはより実際はこれくらい大きいという
ことも表わしている、とも言われているとのこと。
(これもボランティアの方のお話!)

・ ・ ・ ・ ・

c0055305_11582140.jpg
玉虫厨子。法隆寺パンフレットより
厨子の壁面には物語が!!

http://www.asahi.com/culture/news_culture/OSK200803010095.html
こちらは「asahi.com」の玉虫厨子の記事。復刻版は『法隆寺秘宝展』で見ることができました。
“本物”と両方を味わえたのが良かった..emoticon-0171-star.gif



・ ・ ・ ・ ・

c0055305_1252773.jpg
こちらもパンフレットから
夢違観音は、お祈りすると悪い夢を吉夢に変えてくれると言われる観音さまemoticon-0157-sun.gif
目の前にさせて頂いたときは、「おぉっ! こちらがあの有名な!!」という感じでしたemoticon-0111-blush.gif

聖徳太子(厩戸皇子)の像なども多いのですが、よく香炉を手にしている印象でした。

わたしのお気に入りは、橘夫人厨子及び阿弥陀三尊像。(正確な名前忘れちゃった..とにかくこの組み合わせ。)
ちいさくてかわいらしいんです。すごい好みemoticon-0152-heart.gif
細かいところがとっても美しいよー..!! あと蓮(はす)の花の下、
茎のところの曲線の表現が、、秀逸!! はぁ~emoticon-0171-star.gifすごいなemoticon-0137-clapping.gif厨子もとてもかわいいんですemoticon-0115-inlove.gif(..って言って良いのかわからないですけど、、)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Amida_Triad_LadyTatibana_Horyuji.JPG

↑こちらは伝橘夫人念持仏。(厨子に入っているお姿ではないですが...)

・ ・ ・ ・ ・

あと九面観音像。なぜなら白檀の一本の木から造られているから..
そばによると良い香りがしたでしょうねぇ..とボランティア解説の方!
身に着けている装飾も美しい...:゚:.o*゚

・ ・ ・ ・ ・

聖徳太子の靴、と言われているものもあったのですが、
やっぱり人気があるので、そういったものはたくさんあるようで
「まぁ、どうでしょうねぇ(微笑)」とこちらもボランティアの方のお話。


・ ・ ・ ・ ・

あとあと...(覚書のように書いてしまいます)、
とっても気になったのが、レプリカでは唯一、
舎利容器のレプリカ!!

とってもちいさなトルコ製の綺麗なグリーンのビン、
それをいれこのように、卵型の金の小さな透かし彫りの容器に、
そしてさらにそれを、卵型の銀製の透かし彫りの容器に、
そしてそれをさらに鍍金響銅宝珠紐合子という入れ物に、
そしてそれをさらに響銅大碗に、
入れている構造。

このビンと卵型が美しくて..でもなんで卵型なんだろう?? 気になる。。
透かしなのも美しい! この時代にグリーンのガラス容器なのが美しい!

次はいよいよ夢殿へ!てくてくてくemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by vanillatreats | 2010-10-06 17:21 | 小さな旅。