*.vanillatreats.*

vanillat.exblog.jp

ブログトップ

奈良 斑鳩 法隆寺 続きの続きの続きの続きの続き♫


とうとう10月になってしまいました!

今年の日本の夏はとっても暑くて、しかも長かったので
秋を超えて冬になってしまうのではと心配したけれど、
昨日今日と、とっても空気が澄んでいてキンモクセイの香りがほんのり満ちていて
とっても気持ちがよいです。

* * * * *
いよいよ大宝蔵院へ056.gif
これまでは建築物のお宝満載でしたが
今度はお宝の像や品々が満載です072.gif

夢違観音や百済観音(虚空菩薩像)、玉虫厨子など、
目の前にした時は超有名人に会った感じ!!

http://www.horyuji.or.jp/daihozoin.htm
法隆寺さんのサイト

でも写真はもちろん撮れないので写真が全くありません。。。
c0055305_16193458.jpg

こちらはチケット。西院伽藍+東院伽藍+大宝蔵院で¥1000円!
これだけ見ることができて、安いです。。
(ちなみに、銀閣寺は今回は特別拝観もあったので¥2000)
チケットの下にはこの後見た秘宝展の小さなパンフレット。
大宝蔵院もあれば良かったのですけど.. 探せばあったのかな?!

c0055305_11494146.jpg
こちらは法隆寺パンフレットより




フランスへ渡ったこともある有名な有名な百済観音さんは、大きさがまず印象的!
背が高~い! ほっそり曲線的!
通称が「百済観音」だけあって、外国風です。


「百済」はあくまでも通称で、法隆寺では「虚空菩薩」とずっと呼ばれていたそう。
(「虚空」とは宇宙とか永遠、無限、のような意味を含むようです。)
楠(くすのき)から造られていることから日本製なのでは、と言われているそうです。
でもいつ法隆寺へ来たのか、どこで作られたのか..やはり分からない謎めいた観音様。

一本の木から造られるのは古い方法のようですが、百済観音も一本の木から造られているよう..
すごいですよね。

ちょっとかなりうる覚え......007.gif
というのは、これは、ボランティアで解説をされている方のお話。
たまたまお話されているのを、横から聞き耳を立てて「ふんふん、ほうほうほう!!」と
聞いていました。すっごくわかりやすい..!!

逆にあの方に偶然会っていなければ良さを知るのが難しかったかも..半減しちゃってたかも..
やっぱり知識を得ながらだとより感動できました。
そばでうろちょろしていたので、怪しさ満載だったと思います。お礼もお伝えできず..
あの時はありがとうございました、、すばらしいボランティア解説のおじさま。

後ろの支えの棒(?!)はの形ですが木から造られています。
竹の下の方にタケノコの三角のような模様(の下のほうによくあるような)が
あるのですが、も表わしていて、観音さまはより実際はこれくらい大きいという
ことも表わしている、とも言われているとのこと。
(これもボランティアの方のお話!)

・ ・ ・ ・ ・

c0055305_11582140.jpg
玉虫厨子。法隆寺パンフレットより
厨子の壁面には物語が!!

http://www.asahi.com/culture/news_culture/OSK200803010095.html
こちらは「asahi.com」の玉虫厨子の記事。復刻版は『法隆寺秘宝展』で見ることができました。
“本物”と両方を味わえたのが良かった..072.gif



・ ・ ・ ・ ・

c0055305_1252773.jpg
こちらもパンフレットから
夢違観音は、お祈りすると悪い夢を吉夢に変えてくれると言われる観音さま058.gif
目の前にさせて頂いたときは、「おぉっ! こちらがあの有名な!!」という感じでした012.gif

聖徳太子(厩戸皇子)の像なども多いのですが、よく香炉を手にしている印象でした。

わたしのお気に入りは、橘夫人厨子及び阿弥陀三尊像。(正確な名前忘れちゃった..とにかくこの組み合わせ。)
ちいさくてかわいらしいんです。すごい好み053.gif
細かいところがとっても美しいよー..!! あと蓮(はす)の花の下、
茎のところの曲線の表現が、、秀逸!! はぁ~072.gifすごいな038.gif厨子もとてもかわいいんです016.gif(..って言って良いのかわからないですけど、、)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Amida_Triad_LadyTatibana_Horyuji.JPG

↑こちらは伝橘夫人念持仏。(厨子に入っているお姿ではないですが...)

・ ・ ・ ・ ・

あと九面観音像。なぜなら白檀の一本の木から造られているから..
そばによると良い香りがしたでしょうねぇ..とボランティア解説の方!
身に着けている装飾も美しい...:゚:.o*゚

・ ・ ・ ・ ・

聖徳太子の靴、と言われているものもあったのですが、
やっぱり人気があるので、そういったものはたくさんあるようで
「まぁ、どうでしょうねぇ(微笑)」とこちらもボランティアの方のお話。


・ ・ ・ ・ ・

あとあと...(覚書のように書いてしまいます)、
とっても気になったのが、レプリカでは唯一、
舎利容器のレプリカ!!

とってもちいさなトルコ製の綺麗なグリーンのビン、
それをいれこのように、卵型の金の小さな透かし彫りの容器に、
そしてさらにそれを、卵型の銀製の透かし彫りの容器に、
そしてそれをさらに鍍金響銅宝珠紐合子という入れ物に、
そしてそれをさらに響銅大碗に、
入れている構造。

このビンと卵型が美しくて..でもなんで卵型なんだろう?? 気になる。。
透かしなのも美しい! この時代にグリーンのガラス容器なのが美しい!

次はいよいよ夢殿へ!てくてくてく056.gif

[PR]

by vanillatreats | 2010-10-06 17:21 | 小さな旅。

<< 奈良斑鳩法隆寺 続きの続きの続... 斑鳩法隆寺 続きの続きの続きの続き♫ >>